Lo Prinzi AK-C

LoPrinzi LP-AK-C
LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C LoPrinzi LP-AK-C

Lo Prinzi AK-C

(LoPrinzi LP-AK-C)

アコースティック・インストゥルメンツ・フェア開催(7/3~7/31)!

ギターをはじめ、ウクレレ、バンジョーなど、アコースティック楽器全般を対象にお得なフェアを開催!
期間中はフェア価格でのご提供の他に、ショッピングクレジットを最大24回まで無金利でご利用いただけます(20万円以下の商品をお買い上げの場合12回まで)。フェア対象商品は随時追加していきますので、こまめにチェックしてみてください!

通常価格¥89,800→フェア価格¥79,800(税込)

Lo Prinzi AK-C (新品)です。

ロプリンジウクレレはアメリカ・フロリダ州に工房を構えるオーグスティノ・ロプリンジ氏が創設したブランドです。ロプリンジ氏は、マーティンやフェンダー等の弦楽器のデザインやコンサルティングを努め、指導者としても優れており、多くの職人を輩出しました。2000年代にハーブオオタのメインウクレレであったLo Prinzi Style 3M ハーブオオタモデルがアメリカはもちろん日本でも大ヒットしたことで、一気に知名度が広がりました。

 現在は高齢になってきたことと、技術を継承する意味もあり、愛娘のドナ・ロプリンジさんが製作を担当されております。日本では前述のハーブオオタサンはもちろん、fulare_padの前田大輔さんなど、著名アーティスト達の愛器として使われていることで有名です。

 日本では今まで10万代から30万円代の高額なモデルが主に輸入されてきましたが、当店ではお求め安い価格帯のスタンダードラインの取り扱いを始めました。塗装をマットフィニッシュにしたり、インレイを簡素化ですることでコストダウンを図っていますが、材はオール単板で、フロリダの工房でハンドメイドされる工程は変わりませんので、ハイコストパフォーマンスです。これまでアメリカ国内とカナダの北米向けに作られてきたラインナップです。

本器はソリッドコアのコンサートボディで、ハワイアンに合う転がるようなサウンドです。

トップ:コア単板
サイドバック:コア単板
ネック:マホガニー
指板:エボニー
ブリッジ:エボニー
ナット幅:36mm
Scale:380mm

ケース別売

在庫状態 : 在庫有り
¥79,800(税込)
数量