Martin 000-28   1954年製

Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954
Martin 000-28 Jacaranda 1954

    Martin 000-28   1954年製

    商品番号:Martin 000-28 Jacaranda 1954
    ¥1,760,000(税込)
    数量
    • 商品詳細説明

    1954年製のMartin 000-28!
    1954年に000-28は75本しか作られておらず、そのうち1本です。素晴らしいサウンド!

    トップはスプルース。細かな柾目で、飴色に焼けた感じはシトカスプルースで間違いないと思われます。
    サイドバックはブラジリアンローズウッド(ハカランダ)で、バック材の中央は柾目、外に向かうにつれて板目が少し入ってくる50年代によくある感じの木目です。少し赤みのある茶色に黒い縦線が太めにエキゾチックに入る、いかにもハカランダという感じです。

    ヘッドプレートもハカランダで、オールドスタイルのマーチンのデカールロゴは、年代を感じさせます。
    ペグはオリジナルで、シールドバックのクルーソンです。動作に問題はありません。

    指板、ブリッジはエボニーで、指板にはマザーオブパールのドットポジションマークが入り、サドルはロングサドルの仕様です。ピックガードもオリジナルで、濃い色味の鼈甲柄で、渋いルックスです。

    ナット、フレット、サドル、ブリッジピン、エンドピンは交換されています。

    ボディトップには大小6箇所のクラック修理跡がありますが、裏から割れ止めもしてあり、万全に修理されています。塗装はオリジナルフィニッシュです。

    ナット幅42.2mm。この個体はTバーロッドの仕様で、ネックは太くもなく細くもないという標準的なシェイプです。弦高は6弦12Fで2.6mm 1弦12Fで1.9mmと、弾きやすいセッティングになっています。

    シトカスプルースらしい輪郭のはっきりした抜けの良い倍音感もありながら、枯れた柔らかな感じも加わり、絶妙なサウンドになっています。今までしっかりと弾き込まれてきたようで、軽く爪弾くだけで音が前に出てきます。

    50年代の良い000-28をお探しだった方におすすめです。

    トップ:シトカスプルース
    サイドバック:ブラジリアンローズウッド(ハカランダ)
    指板: エボニー
    ブリッジ : エボニー
    ナット幅 : 42.2 mm
    ブレーシング: オリジナル ノンスキャロップド ブレーシング
    ピックガード:オリジナル
    スケール : 632 mm
    ペグ : オリジナル

    販売価格¥1,600,000
    ハードケース付き(マーチン社製)