内田ギター Mitsuhiro Uchida Tenor Ukulele Spruce/Jacaranda 2016年製

Uchida Tenor Jacaranda
Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda Uchida Tenor Jacaranda

内田ギター Mitsuhiro Uchida Tenor Ukulele Spruce/Jacaranda 2016年製

(Uchida Tenor Jacaranda)

2016年製 内田ギター Mitsuhiro Uchida Tenor Ukulele Spruce/Jacaranda の中古品の入荷です。

 長野県高遠町に工房を構えるルシアー内田光広さんが製作するのが内田ギターです。ルシアーの中でも伝説的存在で、フェアなどの表舞台に出て来ることはあまりなく、年間で4本前後の質の高い楽器をコツコツと作り続けています。同じ楽器は2度と作らないというのがポリシーです。

 楽器製作のキャリアは長く、1988年〜1990年にはアイルランドのローデンギターの工場長を務めていました。80年代から世界を相手に仕事をしてきたルシアー第一世代です。
 本楽器は、トップにスプルース、サイドバックにはハカランダを使ったテナーウクレレです。
ボディを縁は、ハカランダを突起させて丸く削り込むというバイオリンのような作りをしてあり、非常に高級感があります。サドル部分は1〜3弦部分と4弦部分に分かれており、4弦のサドルは前後を逆に入れ直すことでハイGチューニングとローGチューニング両方のオクターブピッチに対応できるようになっています。ヘッド形状はギターにも見られる内田ギターの高いデザイン性を表す形状で、ペグの配置は1:3です。

サウンドは音量、伸び、バランス、リバーブ感どれをとっても上質で、単純なフレーズを弾いても深みがあり、手放せなくなる感じです。動画をご用意したので参考になさってください。

それなりに使用感があり、細かな傷は数カ所ありますが、全体としては綺麗な印象です。新品時の価格は¥648,000(税込)でした。

トップ:スプルース
サイドバック:ハカランダ
ネック:スパニッシュセダー
指板:ハカランダ
ブリッジ:ハカランダ
パーフリング:ブラックマザーオブパール
ロゼッタ:ハカランダ+ブラックマザーオブパール
チューナー:Gotoh UPT-B(エボニーノブ)
スケール:442mm
ナット幅:37

販売価格¥498,000(税込)
オリジナルハードケース(アランフェス・グラスファイバー製ハードケース)付

在庫状態 : 在庫有り
¥498,000(税込)
数量