Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976
Martin   D-41 1976

Martin D-41 1976年製

Martin   D-41 1976
在庫状態 : 在庫有り
¥498,000(税込)
数量
  • 商品詳細

1976年製 Martin D-41の状態の良い個体の入荷です。

 D-41は1969年から生産が始まった機種で、代表機種であるD-45とD-28の長所を合わせもつギターです。装飾ははD-45に近く、アバロンパール(ソリッド)とマザーオブパールをふんだんに使ったデザインはマーチンの正統派としての高級感があります。
正面から見た場合は、フィンガーボードのエッジを囲むパーフリングと、1Fと17Fにヘキサゴンのインレイが無い以外は D-45と同じ形式であり、40番台の風格があり、サウンドは同じ年代のD-45に近い、いわゆる「鈴鳴り」感のあるギターです。

 日本国内では時期的に
フォーク、ニューミュージックの時代に人気ギターとして受け入れられ、オフコースの小田和正、鈴木康博の両名が使用していたことでも有名です。

 本楽器は買い付け後に国内有名工房にて、ネックリセット、フレット交換、ナットサドル交換など行い、音程も完璧に調整致しましたので、押さえやすく、プレーアビリティーは感動的な弾きやすさです。
ペグはオリジナルのグローバー102Gです。金属メッキの曇りはありますが問題なく作動します。
ピックガードは以前に張り替えられており、その際にマーチンクラックもリペアされています。全体にバフがけしましたので艶やかで綺麗ですが、塗装はオリジナルです。

 弦高は弦高は12フレット上で6弦2.1ミリ、1弦1.6ミリと低めで弾きやすく、ブリッジ駒からサドルの高さも2.5mm程度あり理想的な状態です。

サウンドは動画を参考になさってください。本物のマーチンサウンドを求めるプレーヤーの方にオススメです。

オリジナルマーチンブルーケースが付属するのも嬉しい点です。

トップ:シトカスプルース
サイドバック:インディアンローズウッド
ネック:マホガニー
指板:エボニー
ブリッジ:エボニー
ナット&サドル:牛骨
ナット幅:42.9mm
スケール:645mm

販売価格¥498,000(税込)
オリジナルブルーケース付き